×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ウガンダ終末教団集団殺人事件

     世紀末の徒花となったカルト教団の許されざる結末





教祖ジョゼフ・キブウェテレ



 「神の十戒の復活を求める運動」はアフリカ東部のウガンダに本部を置いていた新興宗教団体である。
 その南西部の山々に隠れるようにして今でも教団の質素な建物が残されている。
 この教団は1989年ごろ、ウガンダ人の元カトリック神父であるジョゼフ・キブウェテレ(Joseph Kibwetere)によって作られた。彼は、キリストと聖母マリアから啓示を受けたと主張しており、そのことをめぐってカトリック教会と仲たがいして破門され、十戒教団を作った。

 彼は、聖母マリアから「1999年末に大災害が起きて人類の大半が死滅し、その後に新しい苦しみのない世界が始まる」というメッセージを聞いた、と人々に説いて回った。
 ウガンダ国民の大半(60%)はキリスト教徒であり、モーゼの十戒や聖母マリアの名前が出てくる彼の説教に、理解を示す人がけっこういた。
 教団は順調に発展し、10年ほどの間に数千人の信奉者を抱えるに至った。

 「神の十戒の復活を求める運動」の信者たちの生活には厳格な戒律があった。

 入信の際には、持てる財産すべてを教団に寄進しなければならない

 「この世の終わりが近づいている」ので、子どもを産んではいけない

 上記の理由から男女間の性関係は夫婦であっても禁ずる

 信者同士、または周辺の村の人々に何かを伝える時には、会話ではなく手話を使うこと

 上記のうちもっとも奇異に感じられるのは、4つ目の「会話をしてはならない」というものだろう。

 

 これについては、教団幹部から周辺の住民にこんな説明がされていたという。 
 「人間の会話には、知らず知らずのうちに不可避的に嘘が混じってしまうので、『嘘をついてはならない』という十戒の教えに反してしまうため、それらの過ちを犯さないよう、会話をしないで手話を使うのです」
 それでもやはり、信者たちが一切会話をしないのは、なんとなく異様な感じがしたと近隣の人々は語る。
 信者たちの声を聞くことがあるとしたら、それは祈りと聖歌を歌う声だけだった。彼らはいつも大きな声で祈りを唱えていたので、それがまた周辺の村人たちには異様な気持ちを抱かせたが、それ以外の点では、信者たちは全員礼儀正しく、もの静かで害のない集団だったという。

 教団敷地内には、パイナップル、サトウキビ、ハーブなどの農園、養鶏場やパン工場までがあり、信者らが作ったものを近隣の地域に販売して収益を得ていた。 
 要するに信者の安い労働力で利益をあげていたわけである。

 ウガンダでは教団が誕生する数年前からいくつもの新興宗教が生まれ、当局は懸念を感じていた。
 ウガンダでは1970年代、アミン大統領の独裁政治によって30万人以上の反政府派の人々が殺害され、経済は破綻していた。
 アミンは人肉を食するなどというホラー映画にまでなった冷酷な大統領であり(現実には菜食主義者であったらしいが)殺害された国民は膨大な数にのぼった。
 その後もクーデターが何回も起き、人々は政治に対する希望を失ってしまったのである。

 加えて、衛生や性知識に乏しいウガンダでは瞬く間にエイズが蔓延し、成人の1割前後が感染する事態となった。
 そのつぎはアフリカ各地で干ばつや大水害という自然災害が続く。
 ウガンダを含むアフリカの多くの国々で、人々の苦しみは増し、生きる希望を持ちにくくなっている。
 そんな中で、従来のキリスト教会や政府など、既存の権威・権力を強烈に批判し、独自の精神世界論を展開する宗教者があちこちで登場した。

 ウガンダでは、北部に「神の抵抗軍」(Lord's Resistance Army)という、キリスト教系の武装した教団が結成され、小さな子どもたちを誘拐して集団生活をさせ、「神の戦士」に育て上げることを続けたため、これを危険視した政府軍が取り締まりに入った。また西部では、イスラム教をベースとした反政府武装勢力も結成されている。
 その一方で、この世の終わりが近いと感じる人々に「天国の良い場所を予約分譲する」と勧誘したり、「エイズを治してあげるから寄付をせよ」と持ちかける宗教家も登場し、詐欺容疑で検挙されたりしていた。
 こうした多様な新しい宗教団体の中では、「十戒」教団はまだ穏健な方であるため正式な宗教法人として政府の認可も受けていたのである。



 しかしここで1999年の大晦日に人類の大部分が滅亡するという予言は見事にハズレる。
 五島勉の「ノストラダムスの大予言」を読みあさっていた管理人にとっても苦い思い出である。
 信者たちは皆、真面目によく働くと、周辺の村人の間でも評判であった。しかし予言後の2000年に入ってからというもの、どうも教会内に何か異変が起こっているのを感じていたという。
 なかにはジョゼフを疑い、寄進した財産の返還を求めるものまであった。
 これに対し教祖ジョゼフは人類を襲う大惨事は1999年ではなく2000年中に起きる、と予言をリニューアルする。
 そして来るべき大惨事に備えるためという名目で新教会の建設に着手する。信者たちにはこの教会は来るべき大惨事において教会はノアの方舟の役割を果たすであろうと説明された。
 こうして建設された新教会は、2000年3月18日に大々的な完成式典を行う予定になっていた。
 そこで、完成式典当日に合わせて全国各地から多くの信者が呼び集められた。いよいよ裁きが下るとの「予言」を聞いて、信者たちは家族を引き連れて教団本部に集まってきた。
 そうして集まってきた信者数は500人以上にも及ぶという。
 もはや後戻りは出来なかった。
 ここで予言がはずれればジョゼフは詐欺師の烙印を押され教団は解体されるであろう。
 だが近隣の村人や当局に対して、教会側からは、「新教会の完成式典がある」という説明がされており、3月18日の式典当日にはなんと政府関係者まで招待されていた。

 ところが晴れの式典を迎えるとなく、前日の2000年3月17日に悲劇は起こる。
 この日の朝、教祖ジョゼフは教団敷地内の丘の上に信者たちを集めて最後の説教を行う。
 その後、信者たちは全員が新築の教会に入ったが、その直後に大爆発が起こり、教会の中にいた信者全員が焼死してしまった。
 亡くなった人は、遺体として確認された数は330人だが、遺体が見分けられないほど炭化してしまった人も多いため死者の総数はおそらく500人前後ではないかとみられている。
 新興宗教の集団自殺では1978年のアメリカ人の教祖を中心とする教団「人民寺院」の914人が、南米の国ガイアナで、毒入りジュースを皆で飲んで集団自殺した事件が、近代史上最大の死者を出したが、今回の死者数はそれに次ぐものであった。
 しかし現場を調査した結果状況は一変する。
 信者たちは集団自決したのではなく教団関係者によって騙され殺された可能性が出てきたのである。
 教祖ジョゼフが事件当日の朝、丘の上でどんな説教をしたのか、信者が全員死んでしまったので明白ではないが、その後の信者たちの行動から見ておそらくこのようなものであったと思われる。

 教祖ジョゼフは丘の上で、「とうとう裁きの日がやって来た。我々は今から新教会の中で人類を襲う大災害が過ぎ去るのを待つとしよう」という内容の説教をして信者たちに新教会へ入るよう指示した。

 「人類を襲う大災害が教会内に入ってくるのを防ぐため」ということで、信者たちは教団幹部らに指示されるままに、ちょうど台風の時にするように、教会の窓やドアに板を張り、太いクギを打って出入り口を締め切った。

 教会内部と周囲の数カ所に、大小のガソリンタンクがいくつか置かれていたが、これは数日前に、「新教会に新しい自家発電機を買うため、燃料が必要なので」ということで、教団幹部が近くの村の店で買ったものだった。
 信者たちは素直に「教会の外で起きる」と預言された災いから逃れるために新教会に入ったが、哀れにも全員が入った直後に教団幹部によって外に置いてあったガソリンに火がつけられる。 
 信者たちが入った入り口だけは、唯一外からクギが打たれていない脱出口であったが、悪質なことにその入り口へ続く細い廊下の壁は、最初の爆破とともに崩れ落ちるようになっており、それらが崩れ落ちたあとは外に出られないように計算されて仕掛けられていた形跡があるという。
 果たしていきながら焼き殺されるはめとなった信者の無念はいかばかりか。


 さらに調査が進むと教祖ジョゼフの住居トイレからおよそ一週間前にころされたとみられる6人の男の死体が発見される。
 それらの遺体は身元がわからぬよう自動車のバッテリーの硫酸で顔が焼かれており、発見されにくいようコンクリートが流し込まれていた。
 新教会から50kmほど離れた別の礼拝施設では粗末な小屋の地下に153人もの死体が埋められているのが発見される。
 1999年人類滅亡の予言がはずれて財産の返還を求めた信者がいたのを覚えているだろうか。
 彼らは人知れず殺されこの地に密かに埋められていたのである。
 もしかすると教団が会話を禁止していたのも、信者同士が情報を交換しジョゼフに対する疑いを広めないためであったのかもしれない。

 これだけの大事件を引き起こしたのである。
 さすがに教祖ジョゼフも教団に幕を引くためともに焼け死んだものと思われていたが、遺体を確認されたのは3人の教団幹部のうち1人だけであった。
 またカバンをもってバスに駆け込む教祖ジョゼフの姿を見たという目撃証言もあることから、教団幹部とともに逃げ出した可能性が高いと考えられている。
 2000年に人類が滅ぶという予言を新たにしたことでジョゼフは追い詰められていた。
 さすがに今度は予言を変更するという手段は使えない。
 ならば蓄えた教団の資産をもって集団自決にみせかけて自分だけ逃亡しようと考えたとすれば悪魔の所業と言わねばなるまい。
 身元不明の死体が数多いことから教祖が死んでいる可能性のないではないが、現地でジョゼフが死んだことを信じているものはいないようだ。

 事件の後、遺族たちがウガンダ各地から現場に到着したが、多くは自分の親族が死者の中に含まれているかどうかもなかなか判明しないままであった。
 遺族や野次馬たちは、教団のハーブ園で栽培されていたローズマリーの小枝を何本か摘み取り、手に持って口にあて、現場の異臭を防いでいたという。彼ら、そしてアフリカの人々全般の苦しみは、今も解消されていない。




無惨な死体を発掘する遺族



崩れ落ちた新教会




海岸に面しており、干潮時には細長い砂浜が現われて前庭になった。二日に一度の高潮の日には、洞窟入り口から数百ヤード(百ヤード=約91.44m)に渡って水没するが、おかげで侵入者を防ぐこともできた。

あちこちに曲がりくねった暗い横道がある不気味に広い洞窟内は真っ暗で、空気はいつも湿っていたが、二人にとっては居心地の良いねぐらだった。





戻る