×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サイクリングロードの老婆




これは私が大学生のころですなんですがね。

春休みに友人と二人で寝袋もって旅行に出まして。

無人駅に泊まったりした貧乏旅行でしたけど・・まあその当時はちょっとした冒険気分ですごく楽しかったですよ。



あれはN県に入って初日のことでしたね。

綺麗な湖があるんで有名なとこだからたぶん皆さんも名前くらいは聞いたことありますよ。

そこのサイクリングコースに迷い込んじゃった。

よせばいいのにこのサイクリングコースを歩いて走破しよう!なんて二人で盛り上がっちゃって・・・でも景色は綺麗だし空気はおいしいし、

写真なんか撮ってるうちにあっという間に時間が過ぎて夕方になっちゃった。

ずっと歩き続けて足もくたくただし、空は暗くなってくるし、もうそろそろ帰ろうって友人に言ったんですよ。

でもやっこさん意地になっちゃってて次が最後だから、って先にすすんで行くんですよね。

まあ実際観光案内版みたいなのにかかれたポイントっていうのが、次で最後だったんですよ。じゃあいいかって思いましてね。


………その最後のポイントっていうのが不思議な場所でしてね。

サイクリングコースから山にむかって続いてる細〜〜い枝道を登っていくんですよ。

とても自転車で登れるような場所じゃないんです。

わざわざ自転車から降りて歩かないとね。なんだか変なとこ来ちゃったな〜ってその時は観光案内版を恨みましたよ(笑)


5分ほど歩いたかなあ。

1mくらいしかない道に体育座りみたいな格好してお婆ちゃんがいるんですよ。

よれよれの着物・・・っていうのかな、今考えると時代劇に出てきそうでしたけどね。

そんなお婆ちゃんがうつむいてなんだかブツブツ言ってる。正直引きましたよ。帰りてえええ!って。

でも友人はずんずん進んでいくし、回れ右するのもお婆ちゃんに失礼な気もしましたしねえ。

お婆ちゃんの足をまたぐようにして先に進みましてね。

そん時「親を・・・・」みたいな声が聞こえて、ああ、これは親子喧嘩でもして飛びだしてきたのかな?なんて思って、そしたら薄気味悪かったお婆ちゃんも

なんだか可哀そうに思えてきた。

そこからさらに5分近く歩くと少し拓けた場所に出て、最後のポイントの神社にでましてね。

神社っていったって祠みたいなもんですよ。ちっちゃい神社で。

そんで横に木製の看板があって神社の来歴が書いてある。

宝暦だか天明だか・・・忘れましたけどね。なんだかえらい法師が昔に建立したらしい。

暗くて見えにくいんでジッポライターを点けましてね。その手がだんだん震えてくる。ガタガタガタガタ・・・・


「おい、これ………」

………って友人の顔真っ青ですよ。もちろん私も。

だって神社の建立された由来っていうのは・・・姥捨て山だったからなんですから・・・


それじゃまさかあの婆さんは………

そう思ったらもうたまらなかった。後はもう半狂乱で脱兎のごとく逃げましたね。

狭い1本道のはずでしたけど帰り道であのお婆さんに会うことはありませんでした。・・ということは・・・やっぱりそういうことなんでしょうかねえ・・・・。


戻る