×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件

            




  逃走した容疑者女性、解像度が悪いせいもあるが気持ち悪い顔だ……


 2004年2月17日三重県四日市市で発生した誤認逮捕により逮捕された男性が死亡した悲惨な事件である。
 この事件が管理人にとって印象深いのは、管理人がとある警備会社の中間管理職であり、誤認逮捕したのが警備員であるからである。
 管理人も住居侵入の人間を現行犯逮捕した経験があるが、商業施設で窃盗犯を現行犯逮捕するのは非常に高度な判断能力が必須となる。
 万引きGメンなどの抱えるストレスは考えるだけでも空恐ろしいもので、場合によっては自分が犯罪者になってしまうだけに絶対にやりたくない業務である。
 そうした意味で誤認逮捕してしまった警備員のその後について非常に大きな関心を抱いていもいる。

 
 この事件は、四日市市尾平店のATMコーナーにおいて、子供連れの若い女性に犯人扱いされた無実の68歳男性が警備員や買い物客3人に取り押さえられ、現場に居合わせた四日市南警察署警察官に
拘束後、急激に体調を悪化させ死亡したというものである。
 男性の死因は「高度のストレスによる高血圧性の心不全と不整脈」と診断されたが、もちろんそのストレスが不当な誤認逮捕であることは誰の目にも明らかだった。
 被害者男性を3人が拘束している間に女は逃走しており、三重県警察は虚偽告訴罪の被疑者として女性の捜索を続けていたが2011年2月17日午前0時に公訴時効が成立した。
 2005年2月17日三重県警察は容疑者のカメラ映像を一般に公開した。
 容疑事実を特定できないままに映像を公開するのはグリコ・森永事件に続いて二度目であり、それだけ警察も威信をかけて捜査にあたったというべきだろう。

 事件の経過は無惨なものである。
 残された監視カメラの映像から、女が数分前からATM内を覗いている様子、そして被害男性がATMに入室し捜査を始めるが両手が買い物袋で塞がっている様子が映し出されていた。
 そして女性が体当たりするように男性に突き当たり、何かをつかむような動作をして胸をつかんだもみ合いになる。
 ここで女性が泥棒、と叫び3人がATM内に入室して男性を取り押さえるが、男性が窃盗行為をする様子はまったくなかったことが明らかになるばかりであった。

 その後の警察官の対応もひどい。
 被害者の身柄を預かった警察官は男性を後ろ手に手錠をかけ約20分間うつ伏せのまま抑えつけていた。その間に体調の悪化した男性が嘔吐し意識を失っても警察官は拘束を続けた。
 応援の警察官が到着しようやく被害者の様子に気づいた警察は拘束を解き、近くの病院に搬送したものの被害者はすでに回復不能のダメージを受けていて翌日意識の戻らぬまま死亡した。
 被害者が手に握りしめていたキャッシュカードは3つに折れまがっており、眼鏡も片方が割れていた。当然そのキャッシュカードは被害男性の持ち物であったことが判明した。
 そもそも窃盗事件そのものが成立していなかったのである。
 男性の妻は帰らぬ人となった夫にすがりつき、いったいどうして!と号泣したという。
 被害男性も、まさか自分のキャッシュカードを盗まれそうになったのに警察官に殺されるはめになろうとは露ほどの考えなかったであろう。
 三重県警察は一般的な制圧行動であり、過失はないと主張したが名古屋高等裁判所は警察官の過失を認め3670万円を遺族に支払う判決を下した。

 管理人の知る限り、捜査課にいた刑事の逮捕はかなり荒っぽいもので、民間の警備員とは制圧の度合いが異なるのだが、被害者の異変に気付けなかったことはやはり責められてしかるべきであろうと思う。
 酔客やチンピラを相手にする機会の多い警察官の苦労は察するのだが相手が68歳の老人であることを考えればやはりやりすぎだった。
 確保にあっていた警察官は当時29歳でそれほど勤務経験が豊かとはいえなかった。


 警備会社に言わせれば現行犯逮捕は犯行の事実を自分の目で確認するのが絶対条件である。
 誤認逮捕してしまった警備員がその後誤認逮捕で訴えられたという話は聞かないが、被害者の体調がもっと早く悪化していれば責任を追及されたことは確実である。
 また逮捕された犯人が興奮のあまり失神することは同業者間でよく聞く話でもあり、身につまされる思いにかられる。
 それにしても子供連れで犯行に及んだ女性に対しては管理人も怒りを禁じえない。
 犯罪に子供を利用することは昔からよくある手口ではあるのだが、こうして無実の男性の命が失われたことを鑑みれば非情に悪質は犯行と言うべきだ。
 2013年現在いまだ民事事件としては時効が成立していないだけに、なんらかの形で容疑者の確保をつながることを切に祈るばかりである。


  小さな子供の姿が見て取れる。悲鳴を聞いて駆け付けた3人も一概に責めることはできない。

 


戻る