×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日野小学校児童殺害事件(てるくはのる事件)

            




  私を見つけないでくださいというあたりが何とも身勝手というか……。


 1999年12月21日午後2時ごろ、京都伏見区の京都市立日野小学校の校庭で遊んでいた当時小学2年生の児童が覆面の若者にナイフで刺殺され、犯人は自転車で逃走した。
 逃走に車を使わず自転車を使っていることや背格好などから当初中学生から高校生の学生の犯行と思われた。
 犯行現場には凶器となったナイフや金づちのほか、犯行声明と見られるコピーが6枚ほど残されており、そこには自分が小学校に恨みがあり攻撃をすること、そして自分を探さないようにという要求が
書かれており、まるでメモのように「わたしを識別する記号 てるくはのる」という言葉が添えられていた。
 殺害の手口は冷静かつ残酷なもので、ジャングルジムで遊んでいた少年に抱きつき包丁で突き刺し、北門のほうへ平然と歩いて去って行ったという。
 2年目に神戸で酒鬼薔薇事件が起きた余韻の冷めやらぬうちの事件である。
 この「てるくはのる」にも隠された意味があるのではないか、とマスコミがくいつき、連日様々な推理合戦が繰り広げられた。

 翌日小学校から300mほど離れた醍醐辰巳児童公園で犯人の遺留品と思われる血のついたズボン、青いフードのついたジャンパー、バイク手袋、黒い目だし帽、自転車、鞘に収められたナイフが発見された。
 自転車は防犯登録番号から大阪府枚方市で販売されたものであることが判明した。
 防犯登録の名義は「山室学」となっており、京都府宇治市の住所になっていたが警察が調べたところその住所はレンタルビデオ店になっていた。
 12月30日になると現場から約4kmの宇治市のホームセンターで事件の2日前に事件で使われたものと同型のナイフと農薬を若い男が買っていることが明らかになる。
 防犯ビデオに写っていたことからその映像を枚方市の自転車屋に問い合わせたところ、「山室学」に酷似しているという証言が得られた。
 「山室学」はおそらく犯人の偽名であり、その男こそが犯人の正体である蓋然性が高くなったのである。

 翌年の2000年1月28日、京都府警山科署はホームセンターのビデオを一般に公開した。
 だが情報の提供を待つまでもなく、すでに警察は一人の男をマークしていた。
 男の名は岡村浩昌、伏見区の団地で母親と一緒に暮らしている浪人生で、殺害動機を確認するため彼の経歴の内偵を進めていた。
 すると岡村は高校時代、担任の教師に卒業を取り消して欲しいと強く迫っていたこと、そして現在の教育制度に強い不満を抱いていたことなどが判明した。

 ビデオによく似た背格好、そして犯行声明に合致する動機、ホンボシとしての確信を得た府警は2月5日午前7時ころ6人の捜査員を派遣して岡村に任意同行を求めた。
 だが岡村は「いきなりやってくるのは失礼だ。それに今日は友達と約束がある」と言って拒否。
 捜査員はその場にいた母親にビデオを見せるなどして説得したところ、母親は「写真の姿が貴方に似ている。行って話してきなさい。信じているから」と息子に同行を促しはじめた。
 それでも難色を示す岡村に1時間以上粘り強く説得を続けたところ、ついに岡村は近くの公園でなら話してもいいと承諾した。

 午前8時20分、岡村の自宅から200mほど離れた向島東公園に場所を移すと岡村は捜査員二人と話しはじめた。残る4人の捜査員は公園内で待機していた。
 それでもなかなか岡村は事件に関することに答えようとしなかったため母親が公園に呼ばれた。
 午前11時、公園に母親が出向き無人となった岡村家で家宅捜索が開始された。
 無断ですれば犯罪であるから、当然母親の許可を得ていたのであろう。
 捜索の結果犯行を匂わせるメモが発見され、そのメモには自転車の持ち主である「山室学」のサインが書かれていた。
 この発見を受け午前11時30分、捜査本部は逮捕状を裁判所に請求する。

 ところがここからが大問題で、午前11時50分、何を思い立ったのか岡村は黒いバッグを捜査員に投げつけると隣接したスーパーの中へ逃走する。
 そして6人もいた捜査員を振り切り現場から数十メートル離れた13階建ての公団住宅に逃げ込み屋上に登ると外側から鍵をかけた。
 捜査員は午後0時30分には岡村を発見していたが、屋上の鍵を開けるのに手間取っている間に午後0時50分岡村は屋上から飛び降りて自殺してしまった。
 京都地方裁判所が逮捕状を発行したのは自殺から5分後の午後0時55分であったという。

 岡村が逃走時捜査員に投げつけたバッグからは約20通の手紙が発見された。
 その宛先は小学校、中学校、高校の担任や教師に対するもので中退希望者を理解して素直に中退させて欲しかった、など学生生活への不満が長々と述べられていた。
 自宅から発見されたメモにも同様の記述と、犯行を認めたとも見れる文章が発見された。

 本人の死亡により謎のままとなった「てるくはのる」だが、人気番組ニュースステーションに視聴者からの推理が寄せられる。
 21歳の犯人が21日に起こした犯行であることから「てるくはのる」を50音順に逆に読むと「らむかお」となり、これを並び替えると「おかむら」になるというのである。
 これはなかなかに良い推理と思われたが後日捜査の結果それほど手の込んだものではなかったことが判明した。

 岡村の自宅から押収されたもののなかに「名言名句集416ページ」というメモがあったので本棚にあった格言集「すぐに役立つ名言名句活用新辞典」という本を調べてみると、てるくはのるは「か行」の索引の
末尾の文字を左から右へ並べただけであることがわかったのである。
 岡村は小学校のころはいじめられっ子で父が病死し、母が家計を一手に支えていたという。
 中学のときは成績優秀で将来を期待されて地元進学校に進学したが2年にあがったころからから精神の均衡を崩し、退学を希望するも認められず一年の休学とカウンセリングを経て卒業したのだ が本人は
この卒業を納得しておらず「すっきりしないので卒業を取り消して欲しい」などと高校に直談判したようだ。
 廊下でいつまでも外を眺めていたり、自転車にじっと触っているなどの奇行から近所では有名であったらしい。

 ほぼ岡村の犯行であることは確実だが岡村が自殺してしまったため京都地方検察庁は被疑者死亡により岡村を不起訴処分とした。
 死者に刑罰を科すことは不可能であるからだ。
 要するにこの有名な「てるくはのる」事件は犯人が明らかでありながら、刑事訴訟法上は未解決事件に分類されてしまうのである。
 2004年3月遺族が被害者の権利の確立を裁判所に訴えるのも当然と言えるかもしれない。



被害者の中村俊希君



 だがこの事件も神戸の酒鬼薔薇事件同様冤罪説があり、飛び降りた屋上に靴を持ってあがっていく警察官を見た、という都市伝説があることを付記しておく。


戻る