×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

斎藤一という男

            




    斎藤一の肖像画、スタートレックのスポックを思わせる。いたいけな腐女子の悲鳴が聞こえるようだ。




 るろうに剣心で一躍知名度がアップしたのがこの男である。
 「牙突」なる突き技を得意とし、明治の世に新撰組の正義を貫かんとする姿は読者の好感を獲得した。
 明治に生き延びた新撰組の隊士は多いが、警視庁抜刀隊に抜擢され西南戦争で薩摩藩士を相手に再び剣をとったこの男こそ新撰組最強であったのではないか
と管理人は思う。
 しかしさすがに牙突はない(笑)
 斎藤一は一刀流の達人と言われており、聖徳太子流とも溝口一刀流とも言われているが、後年の会津藩との親密ぶりを考えるに会津五流のひとつである溝口一刀流であったろうと
いうのが管理人の見立てである。
 永倉新八の新撰組顛末記にもごく初期から試衛館に出入りしていたことが記載されており、古株といっていい人物であったようだ。
 また逆に京都へ出発した浪士隊のメンバーの中に原田左ノ助の名がないことから、実は原田は初期メンバーではなかったのではないかという疑いが残されている。

 斎藤一の剣は無敵の剣という記述のあるとおり新撰組では一二を争う剣客でありこと実戦においては沖田総司より強かったのではないか。
 天才剣士として名高い沖田だが、記録に残る手柄というのは実のところそれほど多くない。
 むしろ池田屋事件で刀が折れるまで戦い4人を斬った永倉新八の功績のほうが評価されていたらしく、御陵衛士の阿部十郎などは一に永倉、二に沖田、三に斎藤と評価している。
 この阿部十郎は油小路事件で新撰組の暗殺を逃れた剣客で、のちに近藤勇を「奸智に長けた男」「卑劣な百姓あがり」と罵倒しているが、その剣の腕は榊原謙吉より上と評している。
 あの天覧試合の剣聖榊原謙吉である。管理人は実は近藤勇こそ新撰組最強であったと思っているが、それはこの阿部十郎の証言があればこそなのだ。
 さて、この斎藤一、剣の腕のさることながら闇から闇へ人を葬る人斬りとしてこのころから活躍しており、武田観流斎や谷三十郎の暗殺にかかわっていたとする説がある。
 しかしこれは子母澤寛の創作である可能性があるため確実なものとはいえない。
 だが斎藤一が伊東甲子太郎の御陵衛士にスパイとして入り込んだのは本当である。
 そうした意味では、るろうに剣心のような無愛想でコミュ障のような人物ではなく、むしろ弁が立ち気の回る人物であったと考えることができるだろう。
 るろうに剣心のファンには申し訳ないが、この男にとって新撰組という組織はそれほど重要なものではなかったらしく、「悪・即・斬」の名のもとに新撰組の生き残りとして活動するような
ことはありえない。
 なにしろこの男、会津藩に深く肩入れしており、会津藩の敗北が濃厚となったため土方歳三が五稜郭にいたる転進を決めたとき、喰ってかかって会津への残留を決めたのである。
 これが京都にいた時代なら即座に切腹を申しつけられているところだ。
 その後会津藩は敗れたものの、斗南藩への転地を命じられた会津藩に随行しそこで元会津藩大目付の娘時尾と結婚する。
 相手も会津の重鎮であり、仲人を藩主松平容保や家老佐川官兵衛が努めたことなどから、斎藤自身そもそも会津藩の間者であったのではないか、とする説もあるが、少なくとも斎藤が
会津所縁の人物であったことは間違いないであろうと管理人は思う。


 斎藤が本物の人斬りであったことは間違いない。
 西南戦争で警視庁抜刀隊の半隊長となった斎藤は負傷しつつも敵の陣地を奪取しそこで大砲2門を戦利品として獲得した。
 この活躍は当時の東京日日新聞に掲載され、広く日本中に知られることとなった。
 同時に、ともに従軍した仲人の佐川官兵衛は目立った活躍もなく戦死している。北越戦争で有能な軍事指揮官であった佐川だが、剣の腕はそれほどではなかったらしい。
 退職まで警察官を勤め上げた斎藤はその後高校の剣術師範などを務め1915年9月28日胃潰瘍のため自宅で死去した。享年72歳。
 新撰組の生き残りは島田や永倉と同様その生を全うし畳の上で死んだのである。




 とはいえ悪名高い新撰組の生き残りである。
 斎藤は生涯幾度となくその命を狙われ襲撃されていたという。
 名を山口一→斎藤一→山口次郎→一戸伝八→藤田五郎と何度も変えているのは暗殺を恐れたからだとする説もある。


 実は斎藤一の実力を表す有名な伝説がある。
 明治末期神道無念流有信館の山本忠次郎が木に吊るした空き缶を竹刀で突く修行をしていたところ一人の老人が通りかかった。
 山本忠次郎とは明治の剣客で全国から選抜された50名の猛者のなかから見事天覧試合で優勝をおさめた稀台の剣客である。
 長身で目つきの鋭いその老人はしばらく忠次郎の訓練を見ていたかと思うと、「貸してみなさい」と竹刀を受け取り、気合いの叫びとともに竹刀で空き缶を貫通させてしまったという。
 驚いた忠次郎が教えを乞うと、「突き技は突く動作よりも引く動作、構えを素早く元になおす動作の方が大切」、「突きは初太刀でうまくいくことは少ない。私が成功したのはほとんど三の突きでした」
などと語ったという。
 忠次郎の所属する有信館と斎藤の自宅は実はごく近所であったことから、この老人はおそらく斎藤ではなかったかと言われている。
 新撰組最強とも言われた斎藤の晩年に実に相応しいエピソードではないか。



 残念なことではあるがそもそも剣客という言葉自体が幕末に咲いたあだ花である。
 戦国時代が終わり、武士が戦闘することが鎧や兜をつけていない平服の人間相手となったために、それまでの主戦武器であった槍に代わって剣が台頭した。
 すなわち、本格的な野外戦闘が勃発すると剣客はほとんど何の役にも立たなかったのだ。
 せめて都市伝説のなかでだけでも、斎藤や沖田、岡田以蔵や中村半次郎のような人斬りが活躍していて欲しいと切に願う。


  当時主に室内で戦うため剣を振りまわす余地がなく突き技が推奨されました。牙突もその名残のようなものでしょう。



<a href="http://www.linkedtube.com/EURFMnf6VR44cdd4f5aeb2c6e0c531c1c68fc2b6f96.htm">LinkedTube</a>   思いのほか江口洋介はまってた。

TOPへ戻る